Powered by SmartDoc

do文

while文と同様に条件が成立しているときに繰り返し処理を実施します。ただし、条件の判断がwhile文とは異なり、ループの最後にあります。フローチャートは次のようになります。

do文のフローチャート

フローチャートを見てもわかるとおり、do文では最低一回繰り返しの文が実行される。while文の場合にはい繰り返しの処理が一度も実行されないことがある。

do文の書式

do文の書式
do {
  繰り返し実行する文
  ....
} while(条件式)

1から10までの整数を表示する

while文の例題をdo文で書き換えると次のようになる。

1から10までの整数を表示する
class Do01 {
	public static void main(String args[]){
	int i;

	i = 1;
	do {
	    System.out.println(i);
	    i = i + 1;
	}while(i <= 10);
    }
}